六条メディカルモール

スポーツ・リウマチ・リハビリテーションクリニック
レディースクリニック

PFC-FD療法

  • センター
  •  つちや整形外科では「関節の痛みが取れない、ヒアルロン酸注射の効果が感じられない、手術はしたくない・・・」
    といった患者様に、バイオセラピー『PFC-FD療法』をご紹介しております。
    痛みにお悩みの方は、是非ご相談下さい。

    詳しい情報は下記リンクに掲載されています。ご興味のある方は是非ご覧下さい。
  • PFC-FD療法とは

  •  PFC-FD療法とは、ご自身の血液から血小板由来の成長因子を抽出して、患部に注入することにより自己修復機能が促進され、痛みや炎症を抑える治療法です。
     ゴルフのタイガー・ウッズ選手や、野球の大谷翔平選手が怪我の改善に活用したことで話題となった「PRP(多血小板血漿)療法」を応用した技術です。
     現在では、PFC-FD療法もPRP療法と同様に、関節症・関節周囲の靱帯・軟部組織などの治療にも活用が始まっています。
  • 効果の期待できる疾患

  • 膝
  • ・変形性関節症(肩・肘・膝など)
    ・テニス肘
    ・ゴルフ肘
    ・腱板損傷
    ・腱鞘炎
    ・靱帯損傷など
  • メリット

  • 1. ご自身の血液をもとに作るため、体の拒否反応や感染症のリスク、その他の副作用が少ない治療と言えます。
    2. 採血と注射のみですので、入院や手術の必要はありません。
  • デメリット

  • 1. 自由診療での治療となるため、治療費は自己負担となります。
    2. 注射による一般的な副作用(痛み、赤み、腫れなど)が起こる可能性があります。
    3. 個人の血小板やそれに含まれる成長因子の働きによって効果が変わりますので、治療効果が見込めない場合もあります。
    4. 新しい治療ということもあり臨床データが少ないことから、今後新たな危険性が発見される可能も考えられます。
  • PFC-FD療法を受けられない方

  • ◆癌の既往歴のある方
    ◆癌で治療中の方
    ◆感染症にかかっている方
    ◆医師の判断で不適切と考えられる方
  • 治療の流れ

  • 問診
  • 1.問診・診察
    関節の痛みの程度や動きなどを、医師が確認いたします。これまでの経過などからPFC-FD治療の適応かどうかを判断いたします。
     
  • 採血
  • 2.採血
    患者様から約50mlの採血を行い、清浄度の高い再生医療センターに搬送します。
     
  • 加工
  • 3.検査・加工
    感染症などがないことを確認し、問題がなければ血液からPFC-FDを作製します。
    【採血から概ね3週間程度で作製できます。】
     
  • 治療
  • 4.治療
    PFC-FDを注射します。 入院・手術は不要です。
    (PFC-FDは半年間保存可能です。)
     
  • リハビリ
  • 5.リハビリテーション
    より良い効果を得るためには患部への適度な負荷が必要で、リハビリは非常に重要です。
  • 治療後の注意点

  • ●痛みを感じている間に安静にし過ぎてしまうと、治療部位が固くなり長期的な痛みにつながる場合があります。少しずつ運動を行いましょう。
    ●施術当日の飲酒は控えていただき、入浴・シャワーを避けるとともに、PFC-FDの注入部は清潔に保ってください。
    ●注入後数日間、血流の良くなる行為(長時間の入浴、サウナ、運動、飲酒)を行うことで、痛みが強くなる場合があります。この症状は治療効果に差はありませんが、あまりに痛みがひどい際はご相談ください。
  • 費用について(自由診療のため保険は適用されません)

  • PFC-FD療法(1回) 176,000円(税込)
    ※PFC-FD注入の際に、全額お支払い頂きます。

  • 採血を行い、感染症検査(HIV・HBD・HCV・梅毒・HTLV‐1)で陽性反応が出た方は、治療をお受けいただくことができません。
    その場合、血液検査費用のみご負担いただきますのであらかじめご了承ください。
    ※検査費用 16,500円(税込)


    ご不明な点がございましたら、スタッフにお尋ね下さい。

» 戻る